アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
今日のコラム。
ブログ紹介
サッカー大好き、音楽大好きな左ききのB型。
サッカーはアルゼンチン! 音楽はなんでも ... 特に、ハウス系かな???
お笑い、テレビ大好きなM2層。寝る間を惜しんででもテレビを見る!
zoom RSS

Perfect Star, Perfume!

2008/11/06 23:55
Perfect Star, Perfume!

あれから、2年 ... 今日、この日を迎えた。
何気なく、YouTubeを見ていた時、飛び込んできた、
あの瞳、あの眉毛。そして、あのせつない表情。

「I still love キミの言葉が、まだはなれないの ...」

今でも、はなれない、あの言葉、あの表情、あの曲。

パーフェクトスター・パーフェクトスタイル

そう、キミ達は、今日、”パーフェクトスター”になってしまったのだ。

2008年11月6日 日本武道館

AXで見た、Zeppで見た、キミ達は、どんどん成長し、
今日、あの大きなタマネギのステージに立ってしまった。

大きく見えた、とても。
笑顔がはちきれていた、とても。

キミ達の果てしない努力は、無駄ではなかったし、
今日、この日を迎えたのは、偶然ではなく、
あ〜ちゃんが言っていた通り、必然だったんだね、たぶん。

自分は、この一ヶ月、苦労したと思っていた。
でも、そんなの、キミ達のに比べれば、
苦労でもなんでもないことがわかった。
そんなちっぽけなことで、呻き、悩んでいたのが、
恥ずかしい ...

そして、夢をつかむには、それ相応の努力と覚悟が
必要だともわかった、キミ達を見て。

キミ達は、夢を手に入れたのか???
たぶん、当初の夢は手に入れたのだろう。

そして、キミ達は、次の夢をつかむために、闘う。
まさに、Dream Fighter

また、明日、会えるのが楽しみ。
また、今日とは違ったキミ達に会えるのかな???

# ダイノジの大谷君のブログが気になる、気になる ...

Chao, hasta luego!
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0


【コンフェデレーションズ・カップ】ブラジル攻略法。

2005/06/21 00:54
ギリシャ、なんなんだ?
これだけビッグなインターナショナルマッチで、
あのお粗末さは。
中盤スカスカ、2トップは振り向けるし ...
でも、日本のシュートもお粗末だなぁ。
シュートの体勢が崩れている。
あれでは、蹴りたいところに蹴れる訳がない。
あまりのチャンスになりすぎ、焦りすぎが?
最近のボールは、しっかりボールを捉えられば
とんでもない軌道でシュートが飛ぶ。
しっかり蹴ってもらいたい。

さて、日本の次戦の相手、ブラジル。
個人的には、昔から言っているが、
とにかくブラジルは、2センターバックが問題。
今回もご多分に漏れずだ。
コンフェデの前の南米予選2戦を見たが、
失笑した。パスミス、裏を取られる、フェイントに
ついていけずのオンパレード。
この2人を攻めれば、ボロが出ること必須。

あとは、アドリアーノは左を切って、左足でシュートを
させてはいけない。ロビーニョも右を切って、縦に
進ませてはならない。
ジーダもチャンピオンズカップから調子が上がって
こないから、ココはチャンス。1か0の戦い。
玉砕覚悟で戦ってほしい。
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2


【教えてください】ピンキーリングって ...

2005/06/10 01:02
小職、年甲斐もなく、ピンキーリングを
しているのだが、左の小指にしている。
これって、いいの???

なんか、WEBで調べると、どっちがいいのか、
わからないし。なんか、幸せは左手の小指から
入ってきて、右から抜けるから、右にしなければ
ならないとか。
ならば、小職には、幸せが入ってこないのか???
それならば、うなずける(苦笑)

で、誰か、教えてください。
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0


日本まだまだ。なんで、3-5-2?

2005/06/10 00:42
昨日の小職の予想は、見事に外れたぁ(苦笑)

リアルタイムでは見ることができなかったが、
後でダイジェストを見てみると、じぇんじぇん
レベルが違うじゃなぁ〜い。
なんか、高校生のチームと戦っているみたいだったなぁ。
そんな相手から2点しかとれないのだから、
やはり根本的な問題は解決されていないのだろう。

得点力不足はさておき、なぜ、3-5-2にしているのか?
いつからだろうか、サイド攻撃がすっかりなくなっている。
昨日もほとんどサイドハーフにはボールが回っていないのでは?
ただ単にダブルボランチにするためならば、本末転倒。

中田(英)がシステムの問題ではないと言っていたが、
それは正論で、しかし、その次に考えるのはシステム。
日本代表は、サイド攻撃をしたかったのではないのか?
だから、アレックスと加地を配置しているのだろう?
なのに、最近、全くうまく使われていない。一試合で
何回、センタリングをあげているか?
イランを見てみぃ。3-5-2でもないのに、サイド攻撃
オンパレード。見習ってほしいなぁ。

そんなことより、祝アルゼンチン代表!!
しかも、ホームでブラジルを破るとは気持ちがイイ。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


【予想】北朝鮮対日本

2005/06/08 01:40
明日の試合だけど、
先日のイラン対北朝鮮の試合を見ると、
アウェイとはいえ、真ん中固め過ぎ。
あのイランでさえてこずり、ボール回し
していた時間が多かった。

現状、今の日本の攻撃力と創造性では
あの堅い守備を崩すことは容易ではない
ことはおわかりだろう。唯一の救いは、
柳沢が代表に復帰したこと。
彼のボールをもらう前の動きは、
本当に抜群である。
# 生で見たことない人は、一度、
# 見た方がよい。

ただし、スペースメイキング、フリーランニング、
ダイアゴナルラン等の動きができても、
いかんせん、シュートが入らなければ
どうにもならん。ならば、ここは日本代表の
十八番、セットプレーで点を取るしかないと。

セットプレーをするには、コーナーキックを
得るために、敵陣深くまで攻め込むこと。
また、しっかりとボールをキープしてファウルを
もらうこと。これに尽きる。
あぁ、くれぐれもアレのようなシミュレーション
はなしで。

そんなことより、アルゼンチン対ブラジルが
はよ見たい。そして、アルゼンチンが勝ち、
まずは予選突破。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


続 『尼崎まゆみ』

2005/05/31 01:35
なんか凄いアクセス数なんですが、このタイトルで。

確かに、気になる人は多いと思うし、なかなかベールを
脱がないので、みな、必死になって検索しているのだろう。

で、小職は、気になりすぎて、えいっ!CD買ってしまえ!
と思ったのだが、そこはインターネットの世界。
NYで落しちゃった(いいのかなぁ???)。
確かに、吉宗のサントラごときで購入しても意味ないし、
しかも、聞きたい曲はたった一曲。
まるで、昔のスーバーユーロビートのCDみたい。
イイ曲が一曲しか入ってなかったのと一緒。

で、聞いた。なるほど、クリソツ。
ただし、本人ではないことは容易に想像がつく。
声のハスキーさや、独特の歌い方はクリソツだが、
Bメロの『自分が本当に ...』のところは、歌い手さんの
地声っぽくて、それに気づいたのか、またあゆに戻る。

で、みなさんは、聞けたの?
今度、MP3で公開しようか???

# ここ数ヶ月くらい、ほとんど毎日聞いているけど、
# どういう訳か、全く飽きない。せつない歌詞に
# ハードなトランス調のミスマッチ。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


もしも ...

2005/05/18 00:33
よくこんな言葉を耳にする。

『あぁ〜、一日が48時間あったらなぁ〜』

小職も言ったことがある。つい最近も言った。
時間が足りないのである。時間が。
金で買えるのならば、買いたい。

しかし、日本人だったら、
もしも一日が48時間あったならば、
おそらくそのうちの40時間は働くだろう。
そこまで働かなきゃ、いけないのかねぇ〜
もうとっくに、戦後の高度経済成長期は
過ぎたのに。くせがついてしまったのだろうか?
でも、その割には、給料に反映されないなぁ。
ITとか言って、ITの本質もわからないで、
簡単に稼いでいる奴らがうらやましいよ。
 
Chao, hasta luego!
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


『インファナル・アフェア』

2005/05/10 23:45
この映画、
ヤバイ。ハマル。

以上
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


プロレス、LOVE!!

2005/04/21 01:18
なんか先週末、めちゃくちゃ落ち込んでしまった。
もう、_| ̄|○ って感じだった ...

今日も、今日とて、日付が変わっての帰宅。
もう、いい加減、疲れたよ、と思って寄ったコンビニ。
何気ない文字が目に入った。

『週間ゴング』

普段と変わらず、開いた。
とそこには、あの前田明と元新日本プロレスの上井氏が
こともあろうに、リキプロのリングに上がっているじゃない???
なんかリキプロで仕掛けるとか。
前田明と長州力。『あの事件』以来、交わることのない
2人と思っていた。そしたら、お互い、長州さん、アキラって
呼び合っているじゃない? しかも、それが、『あの事件』が
起こった後楽園ホール。なんか、胸が熱くなってきた。

そして、上井氏のコメントにも、気になることが ...
保坂昇男のことを語っていた。彼は実直な男で、
義理人情に熱い人間云々と書いてあった。
思えば、彼の現役時代は体の線が細くて、なかなか
太れなかったと記憶している。よって、負ける回数が
多かった気が ... 懐かしいなぁ、と感慨にひたる。
今は、リキプロでレフリーをやっているのかぁ。

最近は、またプロレスの動きが活発になってきた。
# 女子は、2団体が終焉を迎えてしまったが。

全日本は、元ドラゴンゲートのTARUが来たと思ったら、
近藤修司とブラザーYASSIが現れ、VOODOO MURDERなる
RODを上回る極悪軍団を結成してしまうし ...

新日では、しょっぱい永田が本隊離脱するわ、
CTUは勢力を拡大するわ、藤波は復帰するわで。
# あまり話題性はないか(苦笑)

ノアは、秋山と天龍が組んだり、鈴木みのると丸藤が
組んだり、7月にはドームが決まったりで。

ドラゴンゲートは、YOSSINOがイタコネを離脱して、
ミラノは海外修行、アンソニーがマグナム預かりになり、
挙句の果てに、B x B ハルクなるものが現れ、
PoS.HEARTSを結成するわ。YOSSHINOは、吉野正人になり、
長髪をバッサリでBLOOD GENERATIONに入ったり、
ドン藤井は最近、ナイスジャーマンで息を吹き返し、
ベルト挑戦までにたどりついたり。

ZERO1-MAXでは、炎武連夢が復活したり。
個人的には、佐藤耕平に期待している。若いし、体は大きいし、
昨年の成長は著しかったし。ただ、まだ上には勝ちきれない
みたいだけど。

なんか、WWEにはない、『作られたシナリオ』ではないシナリオを
見ていると、胸が熱くなってくるのは、俺だけか???
みんな、必死なんだって感じる。この世界で、いや、この世で
生きていくために必死なんだって。

そういえば、あのシークの息子、サブゥが病魔に侵されて今は
レスリングができない状態だとかで、TAKAみちのくが呼びかけて
彼のために彼を応援する同志を呼んで、大会を開いたとか。
やるじゃないか! 最近、全日のジュニアのベルトを取るだけ
でなく、そんなことまでするとは。
最後に、みんなであのサブゥのポーズ、人指し指を天井に突き出し、
上を見上げるポーズを全員でやって、彼の回復を祈っていた。
なんか、熱い! コンビニで泣けてきた!!

そんな、こんなで、プロレスごときでと思われるが、
落ち込んではいられないと思ってしまった。
ちょっと気合が入ってきた。

なんて、単純なんだ、俺???
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


どうする、俺???

2005/04/16 18:18
先が見えない ...
壁にぶちあったってしまった ...

私生活はイマイチ。って言うか、どん底。
仕事も計画通りうまくいかない。
DJもとんでもないつなぎばかり。
サッカーもイメージ通りできない。
でも、夜が明けて、次の日が来る。
そして、生きていかなければならない。

このままでは、人生史上初、『五月病』になる。
確実に。

どうする、俺???

今日の俺的株価、ストップ安の『103円』
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0


『ドラえも〜ん』

2005/04/12 21:48
聞けた、聞けた、ドラえもんの声。
だみ声ではなくなって、すっきりした感じ。
2週間前から聞きたくてしょうがなかったから、
小職もスッキリしたぁ(笑)
あとは、ワカメちゃんの声だ。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


『尼崎まゆみ』

2005/04/12 00:15
小職、ここ数ヶ月、ずっと悩んでいることがある。
『尼崎まゆみ』のことだ。

それは、昨年の大晦日、PRIDE男祭りを見ている
時だった。

滝本の入場で、カッコいいトランスが流れた。
おぉ〜、あゆトランスかぁ。オシャレなことやるじゃん!
と思ったけど、なんか違う。聞いたことないし。

すぐに、WEBで調べた。

『そこにあるかもしれない/尼崎まゆみ』

だった。なにやら、パチスロ吉宗で流れる曲とか。

だけど、今日の今日まで、何が何だか、誰だか、わからん。
今朝、WEBから、落としてみた。
よく聞くと、あゆのまねをしていて、本人ではないことが
わかる。結構、好きなんだなぁ、このトランス。

だれか知らないかなぁ ...
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 7 / コメント 7


まったり。

2005/04/10 12:53
今、久々の休日を味わっている気がする。
下北沢のカフェで、一人でまったり。
時間がゆったりと過ぎて、いつものあわただしさが
嘘のよう。
外では、太陽が輝き、桜が咲き乱れ、葉が風に
よって舞う。なんとよい風情なのか。

でも、こういう時に何をやっていいか、迷って
しまうことあり。部屋の掃除、レコードの整理、
部屋のレイアウト変更 ...
したいのはやまやまだが、ここはゆったりしよう、
そう思う今日この頃。みなさんは、いかがお過ごしですか???
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


手話。

2005/04/10 12:43
小職、猛烈に手話を覚えたくてたまらない。
ろうあ者の方には失礼に聞こえるかもしれないが、
小職にとって手話は、外国語の一つと同じ感じだ。

企業では、障害者の雇用は、確か従業員の1.8%以上なければ
いけないと記憶している。弊社でも、障害者の方が普通に働いて
いて、珍しい光景ではないし、仕事の支障にはなっていない。
むしろ、健常者の我々と同じく弊社の『歯車』として働いている。

小職の部署にも耳の不自由な方がいる。しかし、普通に働いている。
今まで、彼とは仕事上の接点はなかったのだが、先日、仕事の
関係でやりとりをしなければならなかった。
小職は、手話はできない。よって、筆談とゆっくり話すことで、
会話は成立した。それで、全く問題ないのであるが、何か歯がゆい。
会話は成立したのだが、彼の努力によるものが大きい。
小職は何をしたのか? ちょっと恥かしくなってしまった。

そんな時、手話ができたら、気持ちよく仕事もできるだろうに。
相手にも、気を使わせることもないだろうに。
ん〜、やっぱり覚えたい。WEBで調べた。
まだ、難しいことはできない。でも、『すいません』や『ありがとう』は
できる。まずは、こんなところからだ。

昔、豊川悦司がドラマで手話を使って、世の女性達が習い始めた
と聞いたことがある。その後、彼女達は、どうしているのだろうか?
昨今の韓国ブームと同じなのだろうか? やはり、一時的なことなのか。
まぁ、動機がどうあれ、始めることはよいことだ。
いつか、さくさく手話で会話できる日を夢見て ...
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


『伝説巨人イデオン』

2005/04/05 19:48
小職、今でも忘れられないアニメがある。
掲題の『伝説巨人イデオン』だ。

当時、何歳だったか? 小学生だったかな?
毎回見ても、一向にストーリーがわからず、
頭の中は、?マークでいっぱいだった記憶がある。
ただし、エンディングテーマが、
『悲しい歌だなぁ ...』とは思っていた。
しかし、歳をとるに連れて、やっと何かわかってきた。
偉大なアニメだったなぁと。

言っておくが、小職、『アニ・オタ』ではない。
『宇宙戦艦ヤマト』は、一回も見たことがない。
これは、自慢だ(笑) 当時、小学校低学年だったが、
3学級ある中で、おそらく小職だけが見ていなかったに
違いない。当然、ヤマトの話題にはついていけなかった。
ガンダム、イデオン以来、好き好んで見た記憶がない。
昨今の宮崎アニメも見たことないし、エバンゲリオンも
しかり。エバンゲリオンは、はまってしまうのがわかった
ので意図的に見なかった(苦笑)

で、そのエンディングテーマが、本当に泣ける、
せつなすぎる ...
思わず、先日のDJの時に、かけてしまった(爆)
その後、テレサテンの『つぐない』をかけてしまった(死亡)

『コスモスに君と』

作詞/井荻 麟
作曲・編曲/すぎやま こういち
歌/戸田 恵子

たった一つの 星に捨てられ
終わりない旅 君と歩むと
いつくしみ ふと分けあって
傷を舐め合う 道化芝居

コスモス宇宙を かけぬけて
祈りを今君のもとへ
コスモス宇宙を かけぬけて
祈りを今君のもとへ

別れてみたら きっと楽だよ
擦り減らす日々 君はいらない
思いやり ふと掛けてみる
涙の枯れた 乾いた肌に

コスモス宇宙を かけぬけて
祈りを今君のもとへ
コスモス宇宙を かけぬけて
祈りを今君のもとへ

死んだ後でも いつか見つかる
生き続けたら 君は悲しい
愛し合い ふと触合って
思い出だけに 閉じ込めてみる

コスモス宇宙を かけぬけて
祈りを今君のもとへ
コスモス宇宙を かけぬけて
祈りを今君のもとへ
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


『A』と『B』の違い。

2005/04/03 23:33
小職、アルゼンチンのとあるクラブチームへ
留学したことがある。

そのチームで、なぜかあるうまい選手がレギュラー
から外されていて、常にサブであった。
ある時、コーチと話をする機会があったので、
問いかけたことがあった。

小職:『なぜ、あの選手はレギュラーではないのか?』

コーチ:『10番はもういるから。』

お互いに不思議そうな顔をして話していた記憶がある。
コーチがいいたかったのは、つまり、選手がポジションで
かぶっているということであった。
その後もなぜ『共存』させないのか?と聞いても、
同じ答えの繰り返しだった。
どうやら、アルゼンチンの文化のようだ。

そういえば、バティーとクレスポの共存問題で
ビエルサは一向に『Si!』と言わなかったっけ。
アイマールとリケルメの共存もない。

ところが、おとなりのブラジルは、どうか???
1982年のスペイン大会を象徴するように、
黄金の中盤を形成したり、同じような選手を
器用している。今回の予選も、ロナウジーニョ、
カカ、ロビーニョと共存している。

そんなお国の監督だから、中田英寿と中村俊輔を
共存させるために、イラン戦は4バックにしてしまった。
あの試合が、アルゼンチン人の監督だったら、
どうだったであろうか? そんなり、中村俊輔の
トップ下で、今までの3-5-2で戦っていただろう。

やはり、世界のサッカーは奥深い。今、もう一度、
かの国へ行って、サッカーをしたり、勉強してみたい。
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1


【雑感】日本対バーレーン

2005/03/30 21:31
いつも思うが、日本ホームにもかかわらず、ホームの
独特の雰囲気を出せてないなぁ(苦笑)
やっぱり、サッカーがまだまだ文化じゃないから、
イベントなのかな?

前半は、バーレーンにスペース与えず、うまくプレスを
かけることができ、相手にカウンターを許さず
(というか、バーレーンに攻める意思があまり見られない)、
イニシアチブは取れた。
しかし、くさびのパスや中盤から中盤への縦パスをもっと
入れて攻撃の意思をもっともっと見せて欲しかったが、
縦パスが入ってもスピードが遅く、ディフェンスに狙われ
ていた。相手に読まれないように、おとりや逆モーションを
もっともっと使ってほしかった。縦へのパスができなければ、
左右の揺さぶりをもっと早くやってほしかった。
よって、全くシュートの形までもっていくことができなかった。
また、相手がひいてくることはわかっていたので、早く攻めたい
ところであったが、じっくりパスをつなぎすぎていた。
もっと、ダイナミックな動きが欲しかった。無難すぎる。
まさか、相手の周りでパス回しをして、満足してるんじゃない
だろうなぁ?(苦笑)
なぜ、全員で攻撃する意思を見せないのか?
攻めの人は攻め、守りの人は守りじゃ、このご時世のサッカー、
いつまでたっても勝てやしない。

後半は、キックオフ後の深いキックから始まり、さすがに
攻めの意識が見られ、フィニッシュまで辿りつく場面も
多くなった。その反面、相手にスペースを与え、
逆にカウンター等で危ない場面も。

でも、後半のように攻める意識を続けることによって、
オウンゴールでも入ってしまうことがあるのだ(苦笑)。
これで日本の武器がもう一つ増えた。『オウンゴール』

しかし、フィニッシュが入らない。こればかりは、監督も
教えられない。一つに、フォワードがペナルティーエリアに
入ってプレーする機会が少ないこと。だから、シュートに
結びつくパスや動作が数多く見られない。

今のメンバーでは、ジーコが辞任しようが、誰が就任しようが
勝てるサッカーが見えない。
やっぱり、『誰か』が入ったから、今までの流れが変わっちゃった
のかなぁ???

【楢崎:評価なし】なんか仕事した??? ちょっと宮本との連携が
          イマイチかな?

【田中:5.0】以前からだが、前線へのフィードがイマイチ。
       相手へパスすること2回。守れるんだけど ...

【中澤:5.5】中央はしっかり押さえた。FKでの存在感は抜群。

【宮本:5.5】無難。ちょっとラインを下げ過ぎていた。
       オウンゴールの時はよく踏ん張った。

【加地:5.5】前半からもっと奥までエグってほしかった。
       あともらえなくてもおとり。それが持ち味だから。

【アレックス:5.5】ボールをもらってから勝負する機会よりも
          裏でもらう動きがもっと欲しかった。どうも
          一回止まってしまうので、攻撃のスピード感がなくなる。
          最後のイエローは大きいなぁ ...

【中田:5.5】前半のあの下がり方は露骨で、好ましくない。
       ちょっと守備の人をしてしまったかな。後半は
       積極的に出てこれた。もしかしたら、1.5列目で
       使った方がよかったのでは?

【福西:5.5】よく拾っていたが、効果的なパスは出さず、
       バランサーに徹する。もっと、攻撃の味を出しても
       よいのでは?

【中村:5.5】FKはちょっと強引すぎた。いくら得意でもあれでは ...
       後半は意識的に裏へのパス出しが多くなったのが
       よかった。

【高原:5.0】なんか間合いがドイツ的。今はアジアが相手。
       前線でのプレスは良かったが。ビッグチャンスを
       逃すこと3回。やはり、欧州のストライカーとは違うかな。

【鈴木:5.0】ファウルをされる方も多いが、する方も多く、
       流れが止まって嫌な感じ。もう少し、球離れを
       早くしてほしい。タメを作りすぎて、パスを出す所が
       なくなっていた。はたいて、中央へ。

【玉田:評価なし】ん〜、トリッキー。動きはよかった。

【稲本;評価なし】時間稼ぎ役。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


【日本代表】 ピルロ的ボランチ考。

2005/03/29 21:39
ここ数日のメディアの報道によると、
明日の日本対バーレーン戦では、
中田英寿は『ボランチ』にて出場とのこと。
では、『ボランチ』とは何か、考えてみた。
# サッカーを熟知している人にとっては、
# 当たり前のことであるが ...

いつ頃からだろう? ディフェンシブハーフの
代わりによく使われるようになったが、
役割は全く違う。『ボランチ』は守備の人ではない。
むしろ、自分の周りをうまく使って守備を
構成する一人である。勘違いをしている人が
多いこと、多いこと。

元ブラジル代表のドゥンガは、それをできる
代表的な選手だ。彼は、縦横無尽に走りまわり、
守備をすることはない。むしろ、最後の最後に
ちょろっと出てきて、ボールをかっさらう、
そんなイメージだ。
『ボランチ』の役目は、そこから始まる。
前線へのフィード、ボールのちらし、隙あらば、
ゴール前へと。

それができる最近の代表的な選手は、
ACミランのピルロだ。

彼は、元々、インテルで10番候補であった。
いわゆる、トップ下である。しかし、その頃の
ピルロは全く通用せず、いつしか、スタメン落ち。
そして、レンタル移籍。その中で彼がつかんだ
ものは、プレッシャーが少しは軽い位置へ一つ
下がることだった。つまり、トップ下から一つ下がり、
攻撃を構成する選手となったのだ。
その後、彼はACミランへ移籍して、『ボランチ』として
開花して、成功をつかむことになる。

彼は、激しい守備はほとんどしない。また、ディフェンス
ラインに入ってくることもない。むしろ、4人のディフェンスの
前に位置取り、例えば、ガッツーゾ、セードルフに
囲ませてうまく守備する。カカは、守備をしない(笑)

ジーコは、明日の中田英寿にそんな役割を期待して
いるのだろうと思う。決して、守備をしろなんて考えて
はいない。
明日は、中村俊輔におとりになってもらいたい。
つまり、3トップになるくらい、相手のディフェンスラインに
深く入ったり、シャドーストライカーの役目を担ってほしい。
バーレーンが一番警戒している選手だから。
ならば、それを有効に使おうではないか。

中田英寿は、本調子ではないと思うが、代表に
呼ばれたからには、それなりの仕事をする義務がある。
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0


なぜか、言われる ...

2005/03/28 01:30
小職がサッカーをやっていて、サッカー好きである
ことを知っている人に、ここ数日、必ず言われる。

『イラン戦、残念だったねぇ〜』

小職、ぽか〜んとしてしまう。

その理由として、

@6戦中、1試合負けただけである。しかも、まだ2戦目。

A小職、日本サポーターではなく、アルゼンチンサポータである。

元々、全勝なんて無理なんだから、1試合負けても
まだなんら問題ない。すべて終わった時に、あの時
勝っていればとか、引き分けていればというのは、
結果論なので意味がない。
それと、アルゼンチンサポーターなので、日本の試合は
第3者的にしか見ていない。友人にこれをよく怒られる
のだが(非国民と)。

まぁ、まだまだあるから、大丈夫よ。
だって、2位に入らなくても、プレーオフがあるから。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


【北朝鮮対バーレーン】スカウティング・レポート。

2005/03/27 21:35
小職、別に北朝鮮へ行った訳ではない。
今、ビデオでチェックしたので、備忘録として。

バーレーンは、やはりカウンターのみである。
パスワークは全くと言っていいほどない。
むしろ、北朝鮮の方がきれいにつなげていた。
キックの正確性もあまりない。GKのキックも
よろしくない。
ただし、ディフェンスの組織はしっかりしていて、
複数人で囲んでくる。キーパーはシュートをこぼさないし、
反応もよい。
弱点は、ディフェンスラインが高い時。
この時にしかチャンスはなさそうだ。
あとは、しっかり中央を固めてくるので、
ただのクロスボールでは、跳ね返されて
逆にカウンターをくらうだけだ。
クロスをあげるならば、キーパーとディフェンスの
間にあげたいところだ。とにかく、ディフェンスに
ゴールを向かせて守備をさせない限り、
チャンスはなさそうだ。

日本は、絶対にスペースを与えてはいけない。
そして、1対1の状況は作らない。作られても、
ウェイトをかけて、味方のサポートを待つべし。
こういう時こそ、4バックの方がよいような気が ...
日本で気がかりなのは、宮本が必要以上に
ディフェンスラインを下げ過ぎることだ。
これでは、バーレーンにスペースを与えてしまう
だけだ。
日本が反則を犯した時は要注意である。
わざわざ不得意なセットプレーをやらず、
すぐにリスタートしてくるので要注意。

攻撃に関しては、バーレーンのディフェンスの裏に
出る動きができる選手を使いたいところである。
柳沢、本山しかり。その際、あまり手数をかけずに、
前線へパスを出したい。パスに手数をかけると、
中央は固められるし、前線に出すスペースがなくなる。
クロスは、ニアがおとりでファーで勝負。これは徹底したい。

あとは、お得意のセットプレー。流れの中で点を
取れなくても、セットプレーでも取っても1点は1点
に違いない。

バーレーンよりも気になるのは、北朝鮮の動きが
格段によくなってきていること。おそらく、チームとして
慣れてきているのだろう。平壌でのアウェイ戦が
ちと怖い。
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0


続きを見る

トップへ

月別リンク

今日のコラム。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる